保全経済会事件

自転車操業

保全経済会事件について案内していますが、保全経済会事件の概要だけを案内すると自転車操業により多大な迷惑をかけた事件というだけです。

保全経済会事件のような事件は今でも数多く存在します。
内容についても保全経済会事件と同じで、「配当金、投資、利殖」というキーワードを用いてお客様を募ります。
そして、儲かっているように見せかけるという、お粗末な詐欺行為に及んでいるため最終的に事件沙汰になるわけです。
当然のことですが、儲かっていない会社の配当金は期待しても意味がありません。

では、どうして保全経済会事件のような詐欺事件に関与してしまう人、被害者になってしまう人はいるのか?と思ってしまいますが、以下のような思惑もあり引っかかる人は現代でも多いという状況なのです。

第一に日本人は、ブランドや権威というキーワードに非常に弱い人種です。
学生であっても、○○大学の学生は他より優秀という考え方を持っている人もいますが、そんな学生が社会人になってもブランドというキーワードは、頭にこびり付いて離れないものなのです。
そのため、「できれば自分もブランドを手に入れたい!」と、心のどこかで思ってしまいます。
そのような影響がどこかに残っていると、最終的に保全経済会事件のような詐欺に引っかかってしまうのです。

保全経済会事件においてもブランド価値を謳っている営業が存在するため、人によってはブランドを信じきって申込まれた人もいたでしょう。
しかし自転車操業は自転車操業でしかありませんので、利益が追求できたという試しは歴史上でもまったく存在しないのです。

第二に利殖をまったく知らない人が多いため詐欺にあってしまいます。
しかも、詐欺ではないと思い込んでいる人も多いため、事件発覚が遅れてしまい被害者が増えてしまいやすいのが、利殖に関する詐欺事件なのです。
このことを理解しているだけでも、保全経済会事件のような詐欺に引っかかる可能性はグッと減るでしょう。

投資の儲けは保証されていない?

投資について豆知識の案内も行っておきますが、投資の儲けは保証されていないので注意してください。

例えば、「1年に100%の利益を保証」という営業の広告を見かけた場合、営業そのものの保証も疑ったほうが良いでしょう。
企業が潰れてしまった場合、投資信託に使ったお金はどうなるのか?を先にチェックしておくのです。
そのような場合に、保険により一部、全部の返金を望めるようであれば、正常な運営を行っている投資信託会社となります。
これらについて理解されていないと、詐欺にあってからも返金手続きができる・・・と思い込んでしまうため、かえって危険な状況に陥ります。

円天詐欺事件

偽造通貨に等しい円天

円天詐欺事件とは、本来は有用でない円天を販売することで、業者側が利益を得る仕組みであったため事件となった詐欺です。

円天が多くの店舗で用いられる、もしくは最初に約束されていた配当金を支払っていれば問題ありませんでした。
しかし、円天詐欺事件の場合は「円天として購入された金額と同額の保証(配当)」となっていたため、詐欺ではないか?と思う人が多く出てきたのです。
ただ、円天詐欺事件などでも言えることですが、同額の保証というのは無いものと思ったほうが良いです。
世の中には投資のために金、オイル、もしくはFXなどによる投資信託が可能となっていますが、10%~30%の範囲で儲けが出ているだけで、それほど大きな利益追求には至っていないのです。

つまり、円天詐欺事件のような事件に騙されてしまう人は、投資の利回りについて詳しくない人物です。
近年では、詐欺事件に主婦などが良く引っかかっていると報道されていますが、このような職業(立場)にある人は詐欺事件に引っかかりやすいと言えるでしょう。

その理由ですが、以下のような理由から詐欺に引っかかりやすいと言われているためです。

第一に主婦は小さな利益を追いかけている人が多いです。
中にはFXで大きな利益を生み出す人もいますが、投資金に関してはほとんどの方で大きな違いもありません。
そのため、FXなどの投資で損失が発生すると、どうにかして損失を無くそうと画策される方が多いのです。
ですが、このような行為を繰り返しているとギャンブル熱のようなものが出てくるため、余計に大きな損失を生み出してしまいます。

第二に相談相手がいません。
専門家が身の回りにいるわけでもなく、本人も最近になって投資を知ったという人が多いため、まさか自分が詐欺に引っかかるとはみじんも思っていない人が多いのです。
このようなケースでは詐欺の発覚が遅れてしまうため、犯人逮捕につながらないことも多くなります。

証書がない場合は要注意!

円天詐欺事件にも言えることですが、ペーパーレス時代を狙った詐欺事件はますます増えると指摘されています。

ペーパーレスの場合、投資信託で用いられている証書のようなものが発行されません。
このようなケースでは、詐欺の過程を明るみに出来ないこともあるため、泣き寝入りをしないといけないこともあります。
なので、証書については必ず受け取るようにしておきましょう。
もしくは、利益が発生しますという情報が本当であるか調査しておいたほうが良いです。

近年になって投資信託をはじめましたでは信用できないので、そのような業者との関わり合いは持たないようにすることも大事です。

八葉グループ事件

要は利殖と同じ

八葉グループ事件の概要を案内させていただきますが、八葉グループ事件とは、儲かるという話だけで投資金を募る詐欺行為として知られている事件です。

ただ、八葉グループ事件と似通った事件はたくさんありますので、昔から国内で良く見られる事件の1つでしかありません。
八葉グループ事件の場合は配当金を謳っているものです。
「預けておくとお金が配当金で2倍になる」ということを謳っていたのですが、多くの人はこのような誘いに乗ってしまい大損をしてしまう結果となりました。
ちょっと考えればわかる問題・・・という人もいるでしょう。
ですが、詐欺というのは詐欺であることが明らかになるまでは、詐欺にかかっていないという心理が働きます。

要するに、詐欺にあっているかも知れないから疑ってみる、もしくは投資そのものをストップするという判断が難しいのです。
実際に八葉グループ事件の被害者は個人だけではありません。
自転車操業に等しい営業で迷惑をかけてしまった企業も存在しますので、八葉グループ事件で儲かった人というのは一部の関係者だけなのです。
このように詐欺行為といっても、利益を得られる目的で行われているケースは少なく、八葉グループ事件のように会社が傾いているので嘘をついてでも投資金を得よう・・・と考えている人もいます。

ただ、八葉グループ事件のような事件は早い段階で警察などの調査も入っていたので、ニュースなどに詳しい人であれば怪しい話であることも、すぐに理解できるはずです。
また、配当金が2倍というのも非常におかしい話でしょう。
というのも、多くて1割前後で利益が発生する程度だからです。
そのため、配当金というのは会社の関係者、組員などが得られるものとして存在しているだけで、投資などで有名な商品でもありません。

あまりにも美味しい話であれば、最初から疑ってみるようにすることが肝要です。
このような話に乗ってしまう人ほど、今まで投資で設けたことがない人のほうが多いという統計も存在します。

マルチ商法ってなに?

八葉グループ事件はいわゆるマルチ商法に分類されます。
マルチ商法とは、商品を多くの人に譲っておく形で大元は販売を行わない仕組みの詐欺行為です。

マルチ商法のお客様になってしまう人は、商品を売るほど自分の手元にお金が入る仕組みのため、商品を買取ってからは他の方に売るという行為に及ぶのですが、一部の人しか売ることができないため儲けがまったく発生しません。
そのため、マルチ商法は大元以外は儲からない仕組みとなっているため、詐欺事件で目にすることが多い商法なのです。

このような商品は、あまり知られていない商品が多いことでも有名なので、知名度の低い商品を安易に買い取らないほうが賢明です。

カンボジア不動産投資詐欺事件

昔から良くある詐欺事件

カンボジア不動産投資詐欺事件というのは、お金を騙し取る目的で投資を募るという内容の事件です。
カンボジア不動産投資詐欺事件のような事件は昔から存在するため、似たような被害にあっている人は多くいます。

では、どうしてカンボジア不動産投資詐欺事件が注目されるようになったのか?というと、最近になってどのような事件であったのか明らかになったからです。
国内では200名が被害に遭い、総額では20億円を騙し取られる内容となっているため、他の詐欺事件に比べて悪質として注目されるようになりました。
また、このような事件の被害にあっている方は資産家が多いと思われがちですが、今では老人、もしくは投資の経験が無い中高年が騙されています。
そのため、高齢者を狙った悪質な事件としても記憶に新しいものが、カンボジア不動産投資詐欺事件なのです。

また、このような事件の特徴にペーパーレスがあります。
実際に物件を見るのではなく、良い物件があれば買い取りますよ・・・という案内を行っておき、実際にカンボジアにある不動産の購入を行った人に対して、詐欺を働くという内容になっているのです。
高額で買取ってもらえるということで購入を決意してしまう人もいますが、実際は高額で買取ってもらえないため、そこではじめて詐欺にあったと気付くわけです。

ですが、カンボジア不動産投資詐欺事件のような詐欺は昔から存在します。
基本的にお客になる側が先にお金を支払うという不動産投資には手を出さないほうが良いでしょう。
従来の不動産投資というのは、決まった金額を納めることで投資信託がスタートするという内容になっています。
つまり、全額を使っての購入はほとんど存在していません。
それと、このような詐欺行為を繰り返している企業、個人はすでに警察に被害届が出ていることも多く、事件になる一歩手前というケースが多いです。
怪しい!と思った際は警察に連絡を入れてから、本当に購入すべきか検討されると良いでしょう。

実地の確認が重要

カンボジア不動産投資詐欺事件などで良く販売されている物件というのは、主に更地である場合が多いです。
カンボジアの不動産は、これから不動産の建築を進めていく上で計画のみ立てておき、その後に建築がスタートするという内容になっています。

そのため、日本とは違い骨組みのようなものも建設地には存在せず、完全な更地になったまま放置されていることが多いのです。
なので、カンボジア不動産投資詐欺事件のような詐欺は、実地の確認を行っている人は騙されることが少ない詐欺でもあります。
このような詐欺ほど実地を確認されては困るので、そのことも怪しんで営業の話を聞くと良いでしょう。

ペニーオークション詐欺事件

ペニーオークションの詐欺

ペニーオークション詐欺事件というのは、一昔前に見られたお客様に対して商品を渡す予定の無い詐欺行為です。

簡単にまとめてしまうと、本来は用意されているはずの商品が用意されていない状態で商品を販売しています。
落札されてしまうと、その商品をお客様に対してお届けしなければならないため、業者側の操作で落札できない状態を作ってしまうという対策が取られました。
つまり、オークション行為における違反を業者側が行っていたのです。

具体的な内容としては以下のようになっているので、詳細について興味がある人は参考にしてください。

第一に商品ページ(入札用のページ)を用意しておきます。
商品画像が貼り付けられている、もしくはすでに入札が入っているため、業者以外の方も入札を行うように仕組まれています。
途中までは業者側の操作があまりないため、入札を行っている一般の人は怪しいと思わずに入札を繰り返します。
しかし、最終的に落札するのは業者です。
そのような行為に及ぶことで、業者側にも報酬が発生する仕組みとなっているため、儲けが発生するのは運営側と業者になるわけです。

ペニーオークション詐欺事件が明るみになったキッカケですが、1.2%程度の商品しか用意されていないことが発覚したためです。
ただ、ペニーオークション詐欺事件だけでなく、オークションの出品者の中には商品画像のみ用意しているだけで、商品を用意せず出品されている人もいます。
ペニーオークション詐欺事件は、ペニーオークションだけで起きる可能性がある事件ではありません。
今回のことを学ばれてからは、安易に安すぎる出品物に入札を行わないようにしましょう。

特に出品の期間ギリギリで入札数が一気に増えるものは要注意です。
このような行為はBOTと呼ばれているツールで行えるため、一人の人間が多数の商品(入札)に介入することは難しくありません。

オークション全体で見られる詐欺

オークションで良く見られる詐欺についても案内しておきます。
最も多いのが商品説明、画像とは別物の粗悪品を売るという行為です。

ただ、このような行為を繰り返している出品者は出品者の評価を確認すると、悪い評価が多く付いているのですぐにわかります。
全体の5%以上で悪い評価が付いている人物からは、商品を購入しないようにしましょう。
つまり、100回評価を受けている場合、5回も悪い評価が目立つような人では信用出来ないということです。

それと、新規と呼ばれているアイコン、表示が目立つ人物も要注意となります。
このような人物ほど詐欺行為に及ぶために、悪い評価が付いていない新規のアカウントを用意して詐欺に及ぶことが多いです。

豊田商事事件

ペーパー商法

豊田商事事件というのは、今でも似たような詐欺事件が発生しているペーパー商法のことです。

手口としては、多額のお金を預けておくとお金がどんどん増えていきますという内容で、興味を示した人に見せ金と呼ばれている金を見せるだけの詐欺です。
多くの人は、自分が購入する金があるのであれば、しっかりと運営されている企業だろうと信用してしまいます。
ですが、定期的に解約できない仕組みになっているため、人によっては1年近く預けておいたお金の状況を理解せず、後になって詐欺にあったと通報する人が多い事件なのです。

また、なぜ金を利用しているのか?というと、昔から投資で知られている物品だからです。
今までに一度でも先物取引をされたことがあるという人であれば、金を知らない人はいないでしょう。
大きな板状(インゴット)の金を複数購入する形で、人によっては数千万円以上を購入してしまう人もいます。
ただ、豊田商事事件のような詐欺に関しては異様なほど利益を追求できるので、そのことを怪しまれると詐欺に引っかからずに済むことが多いです。

豊田商事事件のような事件に巻き込まれる人も、どちらかと言うと投資とは無縁の生活を行っている人です。
最近ではFXでも、主婦が数百万円以上の借金を背負ってしまったというニュースが流れていますが、内容としては豊田商事事件と大きな違いがありません。
最初はちゃんと利益を追求できているように見せかけるので、多くの人は事件に巻き込まれていると思わないでしょう。
しかし、数ヶ月経過するとお金の支払いが滞るようになります。

そして、そこで初めて詐欺なのでは?と疑う人が多いのです。
豊田商事事件でもそうですが、利益というのは500%以上の成果が出るケースは稀なので、あまりにも美味い話の場合は疑いを持つようにしましょう。

ターゲットは老人

豊田商事事件のような詐欺事件で被害にあうのは老人です。
老人の場合、老後の蓄えを持っているのですが人によっては一儲けしたいと思っている人もいるため、金の安定性を頼りにしてしまう老人は多くいます。

ただ、豊田商事事件にも言えることですが、お金を安心して増やしたいと思っているのであれば、大手の信託会社を利用したほうが良いでしょう。
というのも、何度も営業の方が相談を行ってくれるので、正確な投資効果を学ぶことができるからです。
儲かるので預けてみませんか?は詐欺に等しいので、そのような営業しか行っていない企業は利用しないほうが良いでしょう。

特に豊田商事事件のような金専門の業者は論外です。
投資信託を行っている企業のほとんどは、株式、先物、FXといった多種類の商品を取り入れて経営を行っています。