電子マネーが目的の詐欺

若者を中心に被害拡大

電子マネーを利用した詐欺というのは、高齢者ではなく若者を中心に拡大している詐欺事件です。

参考:若者も被害続出!最新詐欺手口が巧妙化している – Spotlight (スポットライト)

電子マネーを狙っているのだから、事件発覚まで時間がかからないと思っている人は多いのですが、そのことも理解した上で犯罪者は犯罪を行っています。
というのも、電子マネーのほうが現金よりも中々犯罪が発覚しづらいという特徴があるからです。
例えば、100万円を騙しとったAという人物と、1万円を100回騙しとったBという人物を想定してください
どちらのほうが犯罪者として克明に見えますか?

実際に事件に関与してみるとわかりますが、Aという人物のほうがすぐに捕まります。
というのも、Aという人物が行った犯罪は多大な迷惑、被害として被害者は認知するからです。
しかし、Bという人物が行っている犯罪の場合、どこかでお金を返してもらえる、もしくは自分は騙されていないと思ってしまう人物もいるため、事件が中々発覚しないのです。
このような心理を利用して若者を狙っている犯罪者がいると理解し、安易に高額の電子マネーを持たないほうが賢明でしょう。

それと、先ほどの複数回にわたって相手からお金を騙し取れる理由に、電子マネー特有のリスクが存在します。
それは、電子マネーであれば電子マネー専用のサイトを見ない限りは、勝手に引き出されているか不明という点です。
財布の中からお金が急に無くなるわけではないため、あまり電子マネー専用のサイトを見ない人物では、全額を引き出されてしまう恐れもあります。

取引は数分で終わる!?

電子マネーの取引は数秒で終わりますが、犯罪に用いられている取引も数分で終わってしまうので注意してください。

主な犯行の手口では、「カードの番号を教えてください。その後、カードの代金を支払います」というものが多いです。
この行為は相手に現金を素早く渡している行為と変わりません。
つまり、取引終了後は一切の代金支払いに応じず逃げてしまえば良いのです。
警察に通報したとしても、相手は余裕をもって逃げることができますし、支払いを翌日の午前と言っておけば、疑われない限りは犯罪が露見するリスクもありません。

電子マネーは1000円単位で購入できるものが多いため、もし購入する時は生活に必要な分と割り切っていきましょう。
実際に騙される人の多くは、生活のほとんどを電子マネーに頼っている人が多いため、若者ほど電子マネーを利用した詐欺に遭いやすいのです。

若者の夢につけこむ詐欺

誘い出しが多い

今回ご紹介する詐欺は、若者に人気のSNSを使った詐欺事件です。
国内でも約1000人以上が被害にあっているとして有名になりましたが、総額では約10億円の被害が出ている詐欺事件でもあります。

参考:若者の夢を食い物にするSNS詐欺

SNS詐欺とは、どのような詐欺なのかを案内していきますが、詐欺の手口が多岐にわたりすぎているので、今回は有名なもののみ案内させていただこうと思います。

まずSNS詐欺で最も多いのは夢を語る詐欺です。
人によっては、SNSで「同じ趣味の人」と付き合っている人はいるでしょう。
そのような人を狙って一般会員のふりをし、最終的に夢を叶えてくれる人物として出会いませんか・・・と連絡を受けるのが、SNS詐欺の大きな特徴です。
念願かなってそのような人物に出会えた、有名なプロダクションに所属しているという人らしいから信用して良いかも、ということでこの誘い出しに載ってしまう人はいます。

ですが、このような人と出会っても状況は一切進展しません。
誘い出した後、仲良くなってからは「お金の話」ばかりが口から飛び出る流れとなっているからです。
良く出てくるものでは、「自分は紹介役としても働いているから、良ければ数万円で有名なプロダクションを紹介するよ」という話が良く出てくるでしょう。
ただ、このような人物ほど自分の背後関係を知られると困るため、実際にどのような人物であるか聞いてみると、簡単にSNS詐欺に引っかからずに済むこともあります。

ただし、このSNS詐欺には発展形があるので注意してください。
プロダクションも含めて偽りなのに、SNS詐欺のために特定の人物を騙すという手口も存在するのです。
プロダクションのようなものは存在しますので、それを信じてしまい騙される若者も世の中にはいます。

長く騙し取られることも

SNS詐欺でもそうですが、若者の夢につけこむ詐欺というのは1回だけでは終わらないことが多いです。

「今回は紹介してもダメだったけど、別のプロダクションなら・・・」ということで、また紹介料を騙し取られる人もいるからです。
ただ、このような紹介を行っている人物は、この相手であれば何度でも騙し取れると思っているので、早い段階で警察に通報しておくと逮捕できることもあります。
わざと悩んでいるふりをして、警察に事情を説明しておくと身の安全を確保できるのです。
警察を頼りにするのは嫌という人も、他に頼りになる人物がいない場合は警察を頼りにしたほうが無難でしょう。

若者を狙うワンクリック詐欺の実態

ワンクリック詐欺とは

若者をターゲットとした悪質な詐欺方法の一つに、「ワンクリック詐欺」という手口があります。
ワンクリック詐欺とは、インターネット上でのサイトもしくはメールの文面を使って巧みに用意したURLへ移動をさせてそこでさも支払い義務が発生したかのように脅す方法が一般的です。
ワンクリック詐欺が出始めた頃には、単純に「このサイトにアクセスしたことで会員登録が完了しました、○日までに下記の料金を振り込んでください」というような、あきらかにおかしいと思える方法が取られていましたが、それでも追求を恐れて振り込む若者が多くいました。
最近では全体的なネットリテラシーが向上したことでこのような単純な手口は通用しなくなりましたが、代わりに非常に詐欺の手口が巧妙化してきた傾向があります。

最近のワンクリック詐欺では、フィッシング詐欺と呼ばれる信用性の高いサイトを装って大切なIDやパスワードを奪い取る方法や、もっと悪質な場合はハッキングツールをダウンロードさせてその人のパソコン履歴に残るデータを収集したりしています。

ただし、これらの特殊なツールや知識が必要な詐欺手口はそれなりに詐欺をする側に技術などが必要なので、実際に行われる詐欺の総数からみるとそれほど大きな割合をしているわけではありません。

よくある手口

ワンクリック詐欺として最も多いのが、こうした怖いイメージのあるツールをさも行ったかのように見せかける方法によるものです。
例えば、何か怪しいソフトをダウンロードしているかのような画像を表示させて、解除するためには振込が必要というように脅すような場合です。
ある程度パソコンの知識がある人にしてみると「何かがおかしい」と思える単純なものなのですが、あまり社会経験やパソコンの知識がない若者などはそれを信じて振込をしてしまうこともよくあります。

また、最近急増しているのがFacebookやTwitterを使ったSNSでチェーンメールを回してそこからURLに人を誘導させるという方法です。
一見普通の人のように平然とSNSにプロフィールを投稿し、サクラとして友人関係を築いたあと、おすすめなどとしてURLに導くような、かなり悪質な方法も見られるようになってきました。
人を見たら疑えというわけではないですが、顔の見えないインターネット上では、書き込み内容だけで相手のことを信用してしまうというのはかなり危険です。
あまり簡単に誘いに乗るようなことはせず、注意して使うようにしましょう。

グローバル化と英会話教室詐欺

一時期問題になった英会話教室のトラブル

今からもう20年ほど前にもなるでしょうか。
その頃から英会話スクールとの契約でトラブルとなった事例がよく報告をされるようになってきました。
駅前留学という広告文句の示すように、英会話スクールは全国各地の一等地にあるビル内にあることが多く、またネイティブの教師を専属で雇うといった特殊な教育方法をとっています。そのため英会話スクールは他の専門学校スクールに比べて契約の料金が高額になりがちです。
それら英会話スクールの契約はしてみたものの思ったよりも英語が上達しなかったり、仕事などが忙しくなってしまうことで続けて通えなくなってしまう人もいます。
ですが、途中で解約をしようとしてもできないと言われたり、高額の違約金の支払いを求められ、トラブルに巻き込まれてしまうこともあるようです。

英会話スクールは、バブル期の経済のグローバル化を背景に急激に通学者を増やしました。
ですがそれまであったような受験用の英語スクールと違い、独自の学校形態をとっていた英会話スクールはきちんと法的規制が整っていたわけではなく、最初から英語能力の上達を真剣に考えずにお金儲けを優先した企業も数多く参入してきました。

解約を見越して行われる悪質なケースも

英会話スクール関連の詐欺で最も多いのが、契約した内容の解約についてです。
最近では悪徳業者の英会話スクールも手口が巧妙化してきており、途中で解約されるであろうことを見越して入学金など最初に支払う金額を高く設定し、1回毎の授業料をかなり安く設定していたりします。
かかる授業料を平均して割っていた場合には、途中解約のとき受けた授業分のみの支払いですむのですが、入会金として料金の大半を支払ってしまった場合には、もし途中解約しても戻ってくるお金はわずか1万円程度のものです。

悪質な英会話教室を見極めよう

これから英会話スクールに通おうと考えているなら、まずそのスクールが悪徳業者ではないかどうかきちんとチェックをしてみることがおすすめです。
英会話スクール自体があまり優良かどうかの基準が曖昧なものなのですが、特に悪質な企業の場合「契約書面が非常に細かく、契約時にしっかりした説明をしてくれない」「解約についての決まりが曖昧で、キャンセル料金の計算方法が明確ではない」などといった特徴があります。
また、複数人数で取り囲んで恐喝まがいの勧誘を行ってくるようなスクールは、絶対に契約をしてはいけません。
万が一契約書にサインをしても、クーリングオフなどで解約ができるので、できるだけすぐに消費者相談窓口に連絡をするようにしてください。